事業資金調達はココがポイント!ビジネス成長のカギとは?

経営者にとって事業資金の運用が一番の悩みの種。いかにリスクなく資金運転をしていくかがビジネス成功のカギになるのです。
以前は資産・土地保有など資産価値経営の優劣かキャッシュフロー経営の優劣で判断されていましたが、現在は、継続的に収益が得られる計画をもって事業を行っているかのビジネスモデルの優劣が融資条件の基準になっているようです。資金調達の成功を決定付けるカギは「いかに自分の会社の展望を示し、、説明できるか」にかかっているのです。
先の見えない事業には融資=投資は出来ないというわけです。また、金融庁が示している金融融資マニュアルがあり、それに沿って、銀行などの金融機関は融資審査の判断をするようになりました。ですから、先を見越した事業計画をきちんと提示できる事業主に対して、さまざまな優遇策を利用できるように法律で決められているのです。
それは、中小企業新事業活動促進法の中にある『経営革新計画』というものです。この計画書式に沿った事業計画が認められれば、今後の公的な資金融資、助成金、補助金の審査が有利になるという事です。
以上を踏まえて、経営者に求められることは、今後の事業拡大をどのように展開していくのか?それにはどのような投資が必要なのか?具体的展望を数字にし、示していかなければなりません。事業資金をいかに効率よく調達するかは事業計画書の作り方は定められた書式で計画書を作成することが大事なのです。事業計画書は様々な考え方や書式があります。使い込んでいる書式を変えるのは相当な労力が必要ですが、定められた書式を用いて、事業計画を説明できることが大切なのです

閉じる